リングルアイビー

コラム

No.12 2018.07.27

生理痛

その生理痛冷えが原因?
お風呂で身体を温めて生理期間を快適に過ごそう!

 生理中は、身体の冷えを感じる女性も多いのではないでしょうか?それは、身体を温める役割の血液が「経血」となり、体外へ排出され基礎体温が低下するためです。しっかりとお風呂で身体を温めて、快適に生理期間を乗り切りましょう。

つらい生理痛!
骨盤内のうっ血が原因?

 女性にとって身近な悩みである冷え性や便秘、ホルモンバランスの乱れなどにより起こるのが骨盤内のうっ血と言われています。骨盤内がうっ血することで、排卵時や生理前から生理痛のような痛みを感じることもあります。出産経験をした35歳以上の女性は、特に骨盤内がうっ血しやすくなると言われています。骨盤内がうっ血すると、チアノーゼやむくみ、痛み止めが効きづらいといった症状が現れます。症状がひどい場合には、まずは婦人科を受診してみましょう。
 自分で症状を改善させる方法としては、お風呂で身体を温めることやウォーキングなどの有酸素運動を行うこと、ビタミンCを積極的に摂取することがおすすめです。

イメージ1

生理中に注意すべきお風呂の入り方とは?

 生理中にお風呂に入ることを心配する人は多くいますが、入浴中は身体に水圧がかかり、経血は水中では排出されないとされています。しかし、マナーとして公衆浴場などの入浴は避けておくのがベターです。経血が不快な人は、入浴時にタンポンを使用することもおすすめです。経血で湯船が汚れる心配もなく、リラックスして長く湯船で身体を温めることができ、生理痛を和らげることも期待できます。生理中はのぼせやすいので、熱いお湯に長い時間浸かることは避けましょう。

生理痛に効果的な入浴方法はこれ!

イメージ2

 精神的にもイライラし、憂鬱になりやすい生理期間中は、お風呂タイムにアロマを使うことがおすすめです。お風呂にアロマを数滴垂らし、ゆっくりかき混ぜて入浴するだけなので、とても簡単です。ゼラニウムやラベンダーはホルモンバランスを整えて、痛みを和らげる働きがありますし、イランイランやカモミールは快適な睡眠を助ける役割があります。また、生理中は半身浴でややぬるめのお湯に15分〜20分ほど浸かり、身体の芯までしっかりと温めましょう。生理痛がひどいときには、足湯をすることでも冷え性改善を期待できます。深めの洗面器やバケツなどに41度〜42度のお湯を張り、15分〜20分ほど足を浸けると下半身が温まります。入浴しても経血量が増えることは無いので、安心して入浴や足湯をするようにしましょう。

生理痛に悩まされているあなた。そんなあなたには、リングルアイビーα200を。

リングルアイビーα200の特長

  • つらい生理痛などに速く効きます。
  • OTC医薬品最大量の1カプセルにイブプロフェンを200mg配合し、1日3カプセルまで服用できます。
    ※通常は1日2回までの服用ですが、
    再度症状があらわれた場合には3回目
    服用できます。
  • 有効成分のイブプロフェンがすでに溶けている、液体inカプセル。
  • 飲みやすい小粒のジェルカプセルです。
  • 眠くなる成分は入っていません。

まとめ

 つらい生理痛にお悩みの人で、今まで生理中はシャワーだけで済ませていたという人は、身体を芯から温めるためにもアロマなどを利用しながらリラックスしてお風呂タイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?お風呂に入ることで、冷え性改善やリラックス効果を期待できます。

一覧に戻る