リングルアイビー

メニュー

「頭痛」のこと

私たちを苦しめる頭痛は大きく3つのタイプに分けられます。
それぞれタイプごとに対処法はことなるので、
自分がどのタイプの頭痛なのかを知り、的確な方法で対処しましょう。

頭痛のタイプ

※緊張型頭痛と片頭痛が混ざった「混合性頭痛」もあります。

緊張型頭痛

痛みの原因
精神的な緊張(ストレス)が長く続いたり、同じ姿勢を長時間とり続けていると、頭から首にかけての筋肉がこり、頭痛が起こります。
症状
□ 頭の後方や両側が痛む
□ 重苦しく締めつけられるような痛み
□ 肩こりを伴う
□ 身体を動かすと楽になる

対処法

肩や首などの痛い部分を温める / 身体を少し動かす

日常生活でストレスや疲れをためないようにすることが大切です。
仕事などで長時間同じ姿勢をとり続けたときは、ストレッチやマッサージをしてこりをほぐしましょう!

片頭痛(偏頭痛)

痛みの原因
頭の血管が広がり炎症を起こすと、まわりの神経が刺激されて頭痛が起こります。ただ血管が広がっただけでは、頭痛は起こりません。
血管のまわりに腫れ(炎症)をともなうときに頭痛は起こります。
血管が広がるきっかけとして、寝不足や眠りすぎ、ストレスなどがあります。
症状
□ ズキンズキンと脈打つような痛み
□ 気持ちが悪くなったり吐いたりしてしまう
□ 光や音に敏感になってしまう
□ 動くと痛みが悪化する

対処法

痛む部分を冷やす / 室内を暗くして安静にする

動くとひどくなるのが片頭痛の特徴です。規則正しい生活を心がけ、寝過ぎ・寝不足・夜更かしを避けるようにしましょう。

群発頭痛

痛みの原因
はっきりとした原因はまだ分かっていません。目の奥にある太い血管が広がり、そのまわりの神経が刺激され、炎症を起こすことで激しい痛みが起こると言われています。
症状
□ 片側の目の奥が痛む
□ 目をえぐるような激しい痛み
□ 充血し、涙が出る
□ 夜間に痛みで目が覚める

男性に多く見られる頭痛です。
原因は分かっておらず、一年のうち決まった時期の毎日決まった時刻に起こります。

対処法

酸素吸入(病院での処方が必要です) / 薬物療法(病院での処方が必要です)

これは、どちらも病院での処方が必要です。
少しでも気になった場合は早めに医療機関で医師の診療を受けるようにしてください。