リングルアイビー

CM情報

TVCM『撮影現場』篇

メイキング

TV-CMについて

解熱鎮痛薬「リングルアイビーα200」のTVCMにCanCam専属モデルの堀田茜さんを起用!
「リングルアイビーα200」のTVCM第一弾は、堀田さんの実体験を元に作られたTVCMです。撮影現場で急な痛みに襲われる堀田さん。
「痛くても自分らしさをなくしたくない。」という語りで、いつも笑顔を忘れないモデルという職業へのプロ意識をイメージ。そこに登場する「リングルアイビーα200」が、堀田さんの痛みをカバーし、笑顔で撮影に挑めるという内容です。痛みから解放され、いつもの元気な笑顔で撮影も無事終了。最後に雑誌の表紙を飾る堀田さんにもご注目ください。

撮影エピソード『撮影現場』

堀田さんが撮影をしやすいよう、今回は映像用ではなくあえて写真用のスタジオを用意。最初は撮影風景をもう1つのカメラで撮影するという、カメラが2台ある状況に戸惑いながらも、すぐに普段の仕事場のように慣れてポーズを決める堀田さん。最後のウィンクもかわいく決めて頂き、堀田さんらしい明るいTVCMができました。
堀田さんからは撮影後に、「痛みに悩める方たちへ、痛みを我慢しなくてもいいと気づいてもらうきっかけになったらうれしいです。」とコメントを頂きました。

堀田 茜さん プロフィール

生年月日 :
1992年10月26日
出身地 :
東京都
血液型 :
B型
趣味 :
音楽フェスめぐり・美容・映画鑑賞
特技 :
ダンス(HIPHOP)・スポーツ全般

堀田茜さん