リングルアイビー

コラム

No.23 2020.07.13

生理痛

生理痛を感じない人の特徴とは?

 生理痛の程度には個人差があり、女性の中には生理痛を感じない人もいます。つらい生理痛に悩む人と生理痛を感じない人では、生活習慣などに違いはあるのでしょうか。今回は、生理痛が起こる原因に触れ、生理痛がない人の特徴について解説していきます。

生理痛が起こる原因

 生理痛とは、生理中に起こる腹痛や腰痛、頭痛などの症状を言います。痛みを感じる部位や程度には個人差があります。また、生理痛は、「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンが過剰に分泌されることが原因と言われています。ホルモンバランスの乱れにより、プロスタグランジンの過剰分泌が起こり、生理痛を引き起こしていると考えられています。他にも、生理痛は、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気、身体の冷え、ストレスなどによっても起こると言われています。そのため、生理痛が起こる原因について正しく理解し、必要な対策を講じることで生理痛を軽減していくことが大切です。

イメージ1

生理痛を感じない理由

 生理痛がひどいことで悩んでいる女性はたくさんいます。財団法人女性労働協会の調べでは、生理痛を感じない女性は約2割であることがわかっています。その一方で、約8割の女性が生理痛を感じており、痛みの程度によっては産婦人科を受診したり、市販薬を服用したりするなど対処しているのです。
 また体質によって、生理痛の症状が起こりやすい女性と起こりにくい女性がいます。生理痛は、子宮口から血液がスムーズに流れていないことでも起こるため、子宮口の広さなども生理痛の程度に大きく影響していると考えられます。

生理痛には生活スタイルも関係している?

イメージ2

 生理痛と生活スタイルは密接に関係しています。そのため、生理痛を感じない女性は、生理痛の症状を緩和するような生活を送っている可能性があります。まず、生理痛を感じない女性は、身体を冷やさないための工夫をしています。具体的には、常温または温かい飲み物を飲むことやお風呂は湯船に浸かるなどを心がけているようです。他にも、生理痛を感じない人は、規則正しい生活を送っている場合が多くあります。例えば、夜更かしをしない、栄養バランスの取れた食事を心がける、適度な運動やストレス発散をするなどです。このように、根本的な生活スタイルは、生理痛の程度にも大きく影響していると言えるでしょう。

一覧に戻る

商品ラインナップ